学活:風邪対策の心がけ
Story

最後の授業時間帯の休憩時に、中学生から学活しようよ!と提案が出ました。季節の変わり目からか風邪症状が多いようなので、休憩時間を借りて、風邪を引かないように気をつけてることは?というテーマでそれぞれの対策を出してもらいました。
くいしんぼうさんからは、栄養をあるものを食べる! 居眠りさんからは、しっかり眠る!と、みんなの得意分野からの対策方法が出てきました(*´ω`*)
中学生の定期テストまで1カ月きりました。教室でも、お休みの生徒がちらちらいます。体調不良での学習は、集中力もなくなるし、追い込みが大変です。テスト直前の体調維持のためにも、今のうちに体調をととのえておきましょうね✧*。

災害時のデマ・フェイクニュース
Story

教室は地震があった木曜日から開校していますが、授業をしているとそのフェイクニュースの多さに驚かされます。一回一回、訂正しているのですが、「地鳴り、地響きがする」「札幌への余震が少ない」などなど。これらのフェイクニュースは災害という非日常によって、少なからず不安になっている人の心に起きやすく、またSNSが発達している現代は拡散されやすいものです。
例えば、熊本地震では、「動物園からライオンが放たれた」など、「そうかもしれない」という不安感がこの情報を拡散させました。

情報が限定されるテレビなどのメディアに代わってインターネット、特にSNSの情報は既存のメディアが報じない情報を細かく伝えます。例えば物資が不足している場合「#拡散 #救助」と打てば情報は拡散されていきます。
このようにSNSは、より地域に密着した、また、より個人のニーズに応じた情報を発信・収集できるツールです。なだけに、簡単に人の行動を操作する事ができてしまいます。

しかし、残念ながら今回も「携帯電話が使えなくなる」というフェイクニュースが拡散されました。理由は分かりません。自分が考えたフェイクニュースが拡散されていくのを面白がっている人もいますし、PV数を稼いでお金に換金する人もいます。そして、また良かれと思っての伝聞形式で罪の意識なく拡散した人もいたでしょう。

これらのフェイクニュースを取り締まる法律は今のところ、ありません。と、なると個人のリテラシー力によるところが大きいのです。情報の出所をしっかり確認し、そのアカウントが正確なものか確認したり、違うソースからも同じ情報が流れているかなど、余震は来るかもしれないと気象庁は発表しています。もしものための身を守る手段として、フェイクニュースに気をつけたいものです。

出張 学習塾Grande Roue
Story

8月5日(日)13時より、[合同会社 Mother’s]イベント事業部さんのご好意により、学習塾 Grande Roueとしてブースを出展します。
当日は製作部の教室長オリジナルハンドメイド作品の販売の他、代表の僕は算数/数学を使ったゲーム、理科の実験など3つのイベントを時間帯によってGrande Rouerらしく無料で実施します。
場所はテレビ塔の2Fです。誰にでも、どんな方でも、年齢、学年に合わせて、成功するかもしれないし、失敗するかもしれないけど、夢中になれるようがんばります。
教室、家庭教師部は夏期講習の真っ最中。教室や講師が目的を決めずに、個々が目標を決めるというGrande Roueらしい講習を毎日本当に暑い中みんながんばっています。
ご予定がある方も、ない方も、街に出たついでにでも寄っていただけると嬉しいです。
ブースはちょっと奥ですが、がんばって探してください。首を長くしてお待ちしています。

家庭教師部のイベント
Story

Grande Roueは勉強する場所として教室、それから市内のお宅へとお邪魔する家庭教師部と2部構成で勉強を教えています。それは「勉強するのに、場所や環境はあまり関係なく、本人次第だよ」と思っての事です。
ただ教室は集まりやすいため、イベントも多く開催していますが、家庭教師の方は住んでいる場所がバラバラなため、集まりにくいという短所がありイベントが難しいなあ、と思っていました。
でも、ある生徒が、そんなのお構いなしに「先生、今度のテストで家庭教師でやっている人が全員テストの点数を上げたら、チーム濱島でイベントやりましょうよ」と言うので、「じゃあ、その時は先生、がんばるわ」と会話してたら、全員、学年1桁番をキープ、資格試験合格、テストでは40~70点アップと素晴らしい成績を出せました。
こういう時の生徒さんが持つパワーを見せ付けられ、どうも学校でも、友達に「オレ、私、今回○○点取るだよ」と、励ましあっていたそうです。
改めて、子ども達の無限の可能性を見せ付けられた出来事でした。
P.S. ちゃんとイベントはやりました。楽しんでくれたようで良かったです。

小学校の運動会
Story

いつからか、小学校の運動会は「時短運動会」と呼ばれるようになり、教室近隣の小学校も午前中で全競技が終了するという運動会の形式を取りました。
この方式に保護者の方々や生徒たちからの賛否こそあれ、運動会はやはり運動会。
私も子どもを小学校に預けている身として保護者参加の演技に参加してそれはいい思い出になりました。また、これも経験がらですが、PTAの広報の皆さんが、いいショットを撮ろうとしています。本当にご苦労さまでした。
教室でも、その熱気そのままに「紅」がどうの、「白」がどうの、と、また中学生も小学校なつかしく見に来る姿があり、ほほえましい一日でした。

いろいろ言われている運動会ですが、子どもたちにとっては、その学年で一生に一回の運動会です。
短距離走で何位だった。騎馬戦で勝った、負けた。リレーで活躍できた。きっと、大人になっても思い出になる事でしょう。そんな私も小学校の頃を思い出しながら、子ども達の活躍を、今度は「親」という目線で運動会に参加できました。

Grande Roue 3周年記念イベント グラル祭り
Story

学習塾 Grande Roueもおかげさまをもちまして、開塾して丸3年を越えることができました。
これまでの生徒さんや、保護者の皆様のおかげだと、本当に感謝しております。
その感謝の気持ちを形にすべく「3周年記念イベント グラル祭り」と称して、5月12日、定山渓へバスをチャーターしてお出かけをしました。

このイベントは1周年を越えるたびに、形を変えて行っていて生徒さんによっては、もうご存知の1年の中で一番大きいお祭りです。
今回はこの1年間の中で、一番生徒さんからリクエストが多かった定山渓と決めて、みんなで楽しく過ごす事ができました。

「楽しい」。一見勉強とは離れた場所にあるように思えますが、教室が楽しい場所でなければ、いくら勉強を教えても、それは詰め込みの域を出ず、結局、受身の勉強にしかなりません。受身の勉強は一過性です。でも楽しいと思ってもらえれば、そこに自主性が生まれます。この自主性が成績を上げる一番大切なものなのではないでしょうか。

ですからこれからも「楽しい」と思ってもらえる教室作りに励み、生徒さんが自主的に塾に来る。来る事が楽しい。そこで学んだ知識を成績に反映させられるような授業をする。そんな教室ですが、これからもどうぞよろしくお願いします。

GWお休みのお知らせ
Story

いつもお世話になっております。
GWは5月1日から6日まで、教室、家庭教師、製作、ともにお休みを頂きます。
7日、月曜日より、通常授業を始めます。
さて、その週の土曜日12日は「学習塾 Grande Roue」開塾3年記念祭りがあります。
みなさんあって、3年。ここまでくる事ができました。そのお礼を込めてのお祭りです。早くもいろんなお声を頂いて嬉しい限りです。当日は楽しい、ひとときを過ごしましょう。

学習塾 Grande Roue
Story

学習塾 Grande Roueもこの5月で開塾して丸3年が経とうとしています。
これもひとえに、地域の皆様のおかげです。
学習塾 Grande Roueは「観覧車」という意味をもち、「学習塾」「家庭教師」「製作」など、さまざまな部を設け、いろんな学習、体験、イベントを通じ、さまざまな形や個性を否定しない、また生徒さんに適した学習方法を選んで頂くという全く今までにない新しい形の塾です。

そして、今回は春休み特別企画として、実際に観覧車に乗ってマンツーマンの授業を行うという企画をご用意しました。

現地までの交通費、観覧車の乗車料金だけOK!
あとは手ぶらで現地までお越しください。スタッフ一同お待ちしております!!

#エイプリルフール

家庭教師部より
Story

学習塾Grande Roueはまもなく丸3年を迎えます。教室ではこの3周年のお祭りに何をするかリクエストがちらほら聞こえてくるようになりました。できれば、それを叶えたいと思っています。可能な限り。主役は生徒さんという、当たり前で意外と忘れがちな理念を、意識して授業しています。

さて、今日は家庭教師部からです。教室の授業とは違って家庭教師は、外が暑くても寒くても雨が降っても、雪が吹雪いてもお宅にお伺いし、生徒さんだけの先生をします。その中でよく聞く悩みはやはり「先生がいる間は勉強するのだが、先生が帰ると遊んでいる」家庭教師は成績に直結しやすい指導法だなあと、教室が出来る前からやっているので、何年経ってもそれを痛感します。

原因は1)授業で教わった内容を分かったつもりでいる 2)そもそも家庭教師という指導形態があっていない 3)指示された事ができない この3つに集約されているような気がします。この3つをクリアした時、成績は目覚しく伸び、自信がつき、やがて志望校にも合格するというとてもhappyな関係をご家庭とも築く事ができるのですが、誰でもがいつもそうではありませんし、時間がかかる場合もあります。

もともと個別指導や家庭教師は「本人のペースで勉強させたい」と「学校の成績を上げたい」という相反する動機から選択をされる方が多いのが特徴です。
全件で保護者の方と本人はとても良好な関係です。その良好な関係を勉強にも応用できないだろうか。これは私がよく考える事です。厳しいのは大切ですが、もし自信を喪失しているなら褒めてあげて、これからも本人、保護者、私という三角形がうまく相互に連携しながら成績を上げていけるような、私が来るのが楽しみになるような時間を共有したいと思っています。

テスト直前!!
Story

いよいよ私立高校の一般入試、そして中1、2年生は学年末テストです。
中学生はみんな、当塾のオリジナルプランである「通い放題」で通塾していただいています。なので、テスト前の今は連日最後の時間まで、全員でそれぞれの目標、苦手を克服しようと、とことん講師たちと取り組んでいます。
塾長は「テストは祭のようなもの」と言っています。この「祭」のために、準備工夫をし、努力して、励まし合ったり、協力しながら、いざ本番を迎えます。講師と生徒はもちろんですが、生徒間でも絆が強まり、「Grande Roue」の名前のとおり、ひとつの大きな輪になっています。
最後の追い込みです。
1年間がんばってきたことを、全力で思い切り、結果できるようがんばりましょう☆

2018年 テスト対策
Story

2018年も明けたと思えば、教室では冬休みから中学生はテスト対策を始めています。
小学生も次学年に向けての準備、また、今年度で習った勉強の内容の躁復習に入っています。
とはいえ、ガチガチに知識詰め込みの授業ばかりが展開するわけでもなく、小学生、中学生が混在するなかで、みんな仲良く「これはこうやるんじゃない?」「これはどうやってやるの?」「これは難しい」と誰に遠慮することなく、次々と元気な声が聞こえてきます。
こうして、変に力を入れるわけでなく、でも、各自が何をしなければいけないか分かっている中での教室。ぜひ、二条、幌西、緑丘小学校や啓明中学校、伏見中学校の勉強にいまひとつ自信が持てない、いろいろな塾に通ったけど、楽しくないという方に体験して欲しいと思います。
1月いっぱいまで、3回体験3,240円プランが有効です。

2017年もお世話になりました。
Story

2017年もお世話になりました。
3年目の今年も元気な生徒たちに教室を支えてもらい、1年がんばることができました。
この冬休みも新しい生徒さんに恵まれ、2018年も更にみんなと一緒にがんばっていきます。どうぞよろしくお願いします。

教室は12月30日~1月4日まで、お休みをいただいています。お休み中のお問い合わせは、メールにてお願い致します。

では、良いお年をお迎えくださいませ♪
また、2018年もGrande Roueをよろしくお願いします☆

*REVOLVER dino network Log in | Sign up